プロレス

イサミさん復活!!お帰りなさい!!!

昨年9月の試合で顎を負傷し、しばらくの間欠場されていたプロレスリングBASARA代表・木髙イサミ選手が 2019.1.6 BASARA北沢タウンホール大会にて復帰戦を行いました!

あわせて読みたい
イサミさん、頑張れ!!!こんにちは、ゆいときやです。 9月21日に木髙イサミさん率いるBASARA後楽園大会を観に行ってきました!! 私にとっては初...

とその前に、どの試合も楽しかったですが特に面白かった試合をピックアップさせていただきます☆

第2試合 トランザム★ヒロシ、SAGAT vs 中野貴人、吉野達彦(大日本プロレス) 20分1本勝負

…ヒロシさんの試合を見るのは3回目でしょうか、毎回観るたびに不思議なお方だなと思ってしまいます(汗

吉野さんも、ヒロシさんのことは「前から自由だとは思っていたけどなー」と。

ちなみに試合中です(笑

本当に自由なお方ですね〜☆

時には座禅を組んで瞑想に入ってしまうこともあります。

瞑想中に蹴られたりしても起き上がり小法師のようにまた起き上がり、また瞑想を続けています。

ヒロシさん、心が穏やからしいです(吉野さん談)

穏やかだから何しても大丈夫かな〜っていろいろイジっていました(汗

耳にフーってしてみたり…

さらには眼球なめていました(大汗

これで試合が成り立つのかなと思っていましたがそんな心配はいらないようです。

結果は11分40秒、ゴア・グラインドからの片エビ固めでSAGAT選手の勝ち。

ヒロシさんの試合…好きです…☆

セミファイナル 木髙イサミ復帰戦 30分1本勝負 木髙イサミ vs 谷嵜なおき

…きっとこの会場中と、残念ながら会場に行けなかった全国のイサミさんのファンがこの日を心待ちにしていたと思います。

私もその一人でした。

イサミさんが負傷されてから約3ヶ月、リングに戻ってきました!!

イサミさん、お帰りなさい!!

ファンが投げる真っ白の紙テープが印象的でした。

ゴングが鳴らされると、双方激しい戦いに序盤からなりました。

途中、イサミさんが顎を抑える場面も何度もあって心配になってしまいましたが、それでも谷嵜さんに立ち向かっていました。

さらに場外カウントされることが2回。そのうち1回はカウント19で試合再開(フルカウントは20)。

結果は12分27秒、丸め込みの応酬からの方エビ固めで谷嵜なおき選手の勝ち。

イサミさんの3ヶ月のブランクは大きかったようで、完全復帰とまではいきませんでした…

試合後、イサミさんはマイクを持って「プロレスしてるよ、オレ!アゴ、めっちゃ痛い、でもこれがプロレスだな!!」と。

谷嵜さんからは「復帰おめでとうなんて言わないよ」と言われていましたが、その言葉の裏には「お帰りなさい」と言っているような気がしました。そう思ったのは私だけかもしれませんが…

それでもまた、BASARAを始めさまざまな団体での活躍を期待しています!!

メインイベント NWAインターナショナルライトタッグ選手権試合 30分1本勝負 <王者組>阿部史典、日高郁人(ZERO1) vs <挑戦者組>中津良太、瀧澤晃頼

私個人的には、この試合も楽しみだったのです☆

今までZERO1のリングで応援してきた日高さんがBASARAのリングに上がるというので、どんな試合になるのだろうとワクワクしていました!

序盤では阿部さんが挑戦者組に押され気味になってしまい、劣勢になってしまうのではないかと思ってしまいました。

ところが、日高さんのターンになっている間に阿部さんのスタミナも回復したようで、再び阿部さんのターンになった時には先ほどまで押され気味になっていたとは思えないくらい、見事な技の連発でした。

途中、阿部さんが日高さんの得意技:ショーン・キャプチャーを繰り出すもあえなく失敗に終わってしまいましたが、日高さんも負けてはいません!

その後、王者組の連携技も見事に決まりました!

結果は19分46秒、阿部史典選手の勝ち。

王者組が見事、防衛に成功しました!!

おめでとうございます!!

最後に

今回の試合で印象的だったのは、何と言ってもイサミさんの復活戦での、ファンの方々が投げられたたくさんの紙テープでした。

白一色の紙テープで、白と黒のガウンで登場したイサミさんを引き立てていました。

今後は、復帰後のイサミさんのデスマッチも楽しみです。

きっとまた、デスマッチもストロングも激しい戦いを見せてくださることと思います。

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください