プロレス

新年一発目!大日本プロレス後楽園大会!!

2019年1月2日、後楽園ホールにて新年最初の大日本プロレス後楽園大会が催されました!!

※全ての試合についてお話ししたいのですが文字数の関係のため、端折ってしまうことをお詫び申し上げます。

第4試合 凶器持ち込みタッグデスマッチ 30分1本勝負 植木嵩行・佐久田俊行 vs 竹田誠志・宮本裕向

デスマッチの話です!!ご注意ください!

2018年の年越しプロレスで優勝された宮本裕向選手と、昨年の日本インディー大賞で2冠王に輝いた竹田誠志選手!!

そんな竹田さんが持ち込んできた凶器は何とノコギリ…((((;゚Д゚)))))))

…年明け早々、竹田さん激しいですね…(関心

そして植木さんが持ち込んだのはチーズグレーター!!

早速それで竹田さんの頭をゴシゴシされていました…

客席からは悲鳴混じりの歓声が湧き上がっていました(汗

でもやはり蛍光灯がなかったせいなのかあまり流血はなかったように感じました。そう思ったのは、私だけでしたでしょうか…?

結果は9分39秒、リバースUクラッシュからのエビ固めで竹田誠志選手の勝ち。

試合後、竹田さんは自ら竹串の束をご自身の額に刺すパフォーマンスをされていました(汗

※デスマッチのお話はひとまずここまでです。メインイベントでもデスマッチの話があります!!

あわせて読みたい
2018年越しプロレス!!(前半戦)あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします! さて、1年の締めくくりでもあります大日本プロレス...
あわせて読みたい
2018年越しプロレス!!(後半戦)2018年12月31日、東京・後楽園ホールにて行われた大日本プロレス・DDTプロレス合同興行、年越しプロレス後半戦でございます。 ...

第6試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負 岡林裕二・河上隆一・菊田一美 vs 鈴木秀樹・宇藤純久・野村卓矢(ムーンバルカン)

久しぶりにムーンバルカンで出場される御三方を見ました!

また鈴木さんは宇藤さんと共にアブドーラ・小林さん率いる小林軍団の一員でもあります。

そこで鈴木さんと宇藤さんが持ち出してきたのは黒いパイプ椅子…

「小林軍団」の文字と、流血したニコちゃんマークが描かれていました。

(これは宇藤さんの手書きだそうです!!)

ストロング形式の試合なのにパイプ椅子で叩く叩く…!!

これには岡林さんの怒りも最高潮に、場外乱闘どころか客席にまでやって来て乱闘を起こす騒ぎになってしまいました。

年明け早々大サービスですね☆

リングから離れた席に座っているお客さんもこれには大興奮でした!!

結果は13分5秒、キャメルクラッチで岡林裕二選手の勝ち!

岡林さん、強すぎます!!

セミファイナル BJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合 30分1本勝負 第13代王者:関本大介 vs 挑戦者:浜亮太

プロレス界最重量の浜亮太選手が、第13代王者である関本大介選手にベルトを賭けて戦いを挑んできました!

浜さんは元力士というだけあってそのコスチュームはまわしをモチーフにしたようなデザイン。色は黄色なのですが、時には黒地のコスチュームになることもあります。

そんな浜さんですが、何かと試合中では他の選手から「投げるぞー!!」と挑戦をされていますが、私が今まで観た浜さんの試合では投げた選手はいなかったように思えました。

が!!無理なのではないかと思われてきた浜さん投げですが、この試合で関本さんが投げました!!!!!

関本さんすごい!歓声もすごかった!!

浜さんも負けてはいません。

浜さんの得意技であるハマケツにオオキドプレスなど、体重を使うことを特徴とした技が繰り広げられました!

これには流石の関本さんも少しぐったりした様子…

ですが関本さんも負けるわけにはいきません!

浜さんに逆エビ固めを仕掛けます!

浜さんも関本さんの逆エビ固めには苦しい表情でしたが何とかロープエスケープで回避もできました。

最後は関本さんのラリアットからの方エビ固めで15分4秒、関本大介選手の勝ち!

関本さんが初防衛に成功しました!!

そして、次の挑戦者はどなたになるのか楽しみです☆

メインイベント BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合 New Year of death 30分1本勝負 第37代王者:高橋匡哉 vs 挑戦者:塚本拓海

ここからは再びデスマッチのお話です!!

四方に設置された蛍光灯と、蛍光灯を使ったアイテム+αで開催されました。

塚本さんが持ち込んだのはMEGAハンマー。

その名の通り、真っ赤で巨大なハンマー。

今年も大活躍ですね☆

そしてコーナーには門松に見立てた蛍光灯のオブジェ。

毎回デザインや構造など考えて作ってしまうところがすごいといつも思っています!

試合の方は、まるで剣を振り回すかのように互いに叩き合いから始まりました。

そして四方に設置された蛍光灯に投げて投げられて…

…蛍光灯が割れる時に気分がスカッとするのは私だけでしょうか。

音が気持ちいいんです、パーンって☆

途中、バケツから出てきたのは砂利。

砂利に投げられたら痛いってものだけでは済まされなさそうです…

そして門松が入っていた(?)中から出てきたのは画鋲…!!

もう痛いってどころじゃありませんね(汗

それに加えてTシャツの中に蛍光灯を仕込んで割ったりもしますし…

この試合でも年明け早々、激しい戦いでした。

結果は18分24秒、蛍光灯へのジャックハマーからの体固めで高橋匡哉選手の勝ち!

高橋さん、初防衛に成功しました!!

最後に

これはあくまでも個人の勝手な意見なのですが、BJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合の挑戦者にはそろそろ岡林さんが名乗りをあげるのではないかなと思います。

岡林さんなら関本さんに勝てるのではないかと思いますが、関本さんも強いので、対戦した場合どちらが勝つのか予想できません。

いずれにしても、次回の選手権試合がまた楽しみになってきました!

そして、デスマッチヘビー級の方もです!

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください