プロレス

大日本プロレス上野大連戦は一度見る価値あり!ー2019.2.11

こんにちは、ゆいときやです。

長い期間だと思っていた大日本プロレス上野大連戦も、最終日を迎えるとあっという間だったと思ってしまいます。

この上野大連戦の最中には選手やスタッフの方々がインフルエンザで寝込んでしまったとの事で心配の声が上がることもありました。

その中には、昨年11月に長期欠場から復帰された岡林裕二選手も含まれていらっしゃいます。

岡林さんといえば、大日本プロレス上野大会のポセイドンアドベンチャースプラッシュマッチに必要不可欠なお方。

岡林さんは元気なお姿を見せてくださるのでしょうか。

今回は、長かった上野大連戦の中でも特に面白かった試合を併せてご紹介いたします。

最後までどうぞお付き合いくださいませ!

2019.2.7 第2部 メインイベント 全選手参加型時間差入場 時間無制限1本勝負 BJWロイヤルランブル in 上野

BJWロイヤルランブル・ルール説明

勝敗は3カウント、ギブアップに加えてオーバーザトップロープルールを採用。

指定された時間に選手が1人づつ入場する。

最後の1人まで残った選手が勝ち。

出場選手は入場テーマ曲にて発表。

大日本プロレス公式ホームページより

入場曲はCDで発売されており、ご自宅でも楽しむことができます。

created by Rinker
¥1,926
(2019/09/19 00:25:03時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥2,375
(2019/09/19 00:25:03時点 楽天市場調べ-詳細)

 

初めはシングルマッチで対戦です。

その後3分ごとに選手が追加入場されます。

ちなみに休憩時間はありませんでした。

 

最初に入場したのは野村卓矢選手からでした。

次に植木嵩行選手。

この時の植木さんは、これまで私たちに見せてくれたポリスキャラやイリュージョンを行うようなキャラとは違って、

必死に戦う姿を見せてくださいました。

どのキャラであっても植木さんは素敵な選手です!!

 

次の入場者は石川勇希選手。

と、そこへ野村さんが植木さんを指して

「こいつ絶対悪いことするよ」

と石川さんと2人で植木さんを攻め始めました(汗

野村さん、石川さんと次々と交互に植木さんをフォールに持ち込もうとしますが、植木さんもそうはさせないと必死に抵抗します。

 

4人目の入場者は青木優也選手。

「植木!さっきの試合、よくも恥をかかせてくれたな!!」

と3人で植木さんをボコボコにし始めました:(;゙゚’ω゚’):

青木優也選手の言う「さっきの試合」とは

この日の第1部・メインイベント:ツトム・オースギ、バナナ千賀、橋本大地 vs 高橋匡哉、植木嵩行、青木優也 戦でのことです

青木さんが血みどろブラザース入りになったのかなと思っていましたが、

血みどろトレインも血みどろスクランブルもボロボロな連携になってしまいました。

植木さんがおっしゃる「血みどろ」とは、

ダサいTシャツとダサいGパンを履くこと(?)だそうです。

その後植木さんと青木さんはTシャツとGパンを脱ぎ去り、

なんとも言えないエロエロな格好で大地さんを攻めますが、

結果は12分21秒でマロン大地(橋本大地)選手の勝ちといった試合内容でした。

 

そしてまた野村さん、石川さん、青木さんの3人で交互に植木さんをフォールに持ち込もうとします。

でもなんとかセーフ。ここは耐えました。

 

…それにしても、コワイ後輩3名さまでございます…

 

5人目の入場者は佐久田俊行選手。

ここで植木さんと佐久田さんの連携が決まり、

青木優也選手、失格となってしまいました。

さすが、普段からタッグを組んでいるだけあって息ピッタリです!

 

6人目の入場者:バナナ千賀選手(フリー)

千賀さん「佐久田抑えておくから植木落とせ!!」

と植木さんをトップロープから落とそうと企みますが植木さんは持ちこたえます。

 

7人目の入場者は暗黒プロレス組織666・竹田光珠選手。

野村さん・光珠さん・石川さんの3選手が、千賀さん・佐久田さん・植木さんを3連式でブレーンバスター!!

これは見事に決まりました!!

 

8人目の入場者はツトム・オースギ選手(フリー)

ここでSOS(Speed Of Sounds)の連携が見事に決まり、植木嵩行選手失格となってしまいました。

 

9人目の入場者・神谷英慶選手。

この辺りになると皆さんお疲れ気味のご様子…

 

10人目の入場者は ASUKA PROJECT から佐山俊介選手。

佐山さんはこの上野大連戦で初めて大日本プロレスのリングに上がり、その時の対戦相手だった高橋匡哉選手に「ようこそ上野へ!!」と場内を連れまわされていました!!

さらにその試合では高橋さんにバイクで轢かれていました((((;゚Д゚)))))))

(2019.2.5・第1部)

 

そんな佐山さんでしたが、この試合では早速他の選手から落とされようとしていました。

これはなんとか持ちこたえることができましたが、佐久田さんから鼻を釣り上げられるなど、大日本プロレスの選手による洗礼は続きました(汗

 

11人目の入場者は元大相撲力士の浜亮太選手。

体重225kgと日本人最重量を誇る選手の登場です!!

そして浜さんに次々と投げられる選手たち。

それはまさに「ぽいっ」て感じでした。

ここでバナナ千賀選手、野村卓矢選手、石川勇希選手が続々と失格になってしまいました。

 

12人目の入場者は谷口裕一選手。

いつもの試合時のようにロープ渡りまで持ち込みますが、これで外側に落とされてしまうのではと内心ヒヤヒヤしていました。

このロープ渡りは大丈夫だったのですが、その後コーナーから投げられて叫ぶ「おかあさーん!」で浜さんからオオキドプレスを喰らってしまい3カウント。

谷口裕一選手、失格となってしまいました。

 

13人目の入場者・橋本和樹選手。

みんなで浜さんを落とそうとします。

浜さんからの逆襲は、佐久田さんへの重量技!!

さらに和樹さんと光珠さんまで乗ってしまう、300kg超えの超重量技!!!

これはキツイ…

 

14人目の入場者・中之上靖文選手。

浜さんは中之上さん・佐山さん・神谷さんと力比べ。

ここで中之上靖文選手・佐久田俊行選手・竹田光珠選手が失格となってしまいました。

 

15人目の入場者は橋本大地選手。

BJW認定タッグ選手権試合の王者:浜亮太・中之上靖文組と挑戦者:橋本大地・神谷英慶組が揃い、前哨戦のような対戦に。

と思ったら3カウントを取られ、神谷英慶選手・浜亮太選手失格。

 

16人目の入場者は宇藤純久選手。

この大連戦で実際に販売されていた電動バイクに乗って颯爽とやってきました!

そんな宇藤さん、コーナーで寒そうにしている様子。

それもそのはずですよね。この日の昼間は暖かくなったものの、日が暮れると急に寒くなってしまいますから。

ここで佐山俊介選手失格。

 

次に流れてきた入場曲は「デスかも体操」!!

ということで、17人目の入場者はデスかもくんでした!

しかも戦闘モード!!!

それからこのタイミングでツトムオースギ選手・橋本和樹選手が失格。

 

18人目の入場者は伊東竜二選手。

バケツを持って入場してきました!

ということは、バケツの中身は濡れタオル…

皆さん、濡れタオル攻撃を喰らいたくはないのでマック竹田レフェリーを盾にしようとしていました。

それでもしっかり伊東さんの濡れタオルは炸裂していましたが…

 

19人目の入場者は KAIENTAI DOJO の最上九選手。

選手をもビビらせるような鋭い眼差しで入場されました!

リングに悠々と上がった最上さんでしたが、

伊東さんの濡れタオルを喰らってしまい、そのまま3カウント。

わずか数秒で失格になって退場されました。

 

リングアナウンサーの新土裕二さんが20人目に告げたのは、

なんと「最上八」選手!!

最上さんが痛そうな表情で入場されました!

そして再びリングに上がって、今度こそと思っていたところで伊東さんの濡れタオルを喰らい、3カウント…

最上八選手、失格・退場になりました。

 

21人目の入場者は「最上七」選手!!

最上さんが少しお疲れの表情で入場してきました!

そしてリングに上がるとまたまた伊東さんの濡れタオルを喰らってしまい、3カウントで失格、退場になってしまいました!

 

22人目の入場者は「最上六」選手!!!

ですがなんだか雰囲気が違います。

よく見たら最上さんに扮した“黒天使”沼澤邪鬼選手でした!

目は大きく見せるため(?)にペイントしており、黒いTシャツの胸には「もがみ」と書いたワッペンのようなもの、

そして大きく「六」と書かれています!

コスチュームも最上さんのもので、入場時の仕草まで似せてきました!

そんな「六」さんでしたが、

伊東さんに濡れタオルを喰らって、またまた失格・退場に…

 

23人目の入場者は「最上五」選手!!

ここまでくると、カウントダウンですね!

先ほどよりもさらにお疲れの表情で最上さんが入場されました。

またまた伊東さんの濡れタオルで、3カウント。

「最上五」選手、失格・退場されました…

 

24人目は「最上四」選手!

「四」さんは再び邪鬼さまが最上さんに扮しての入場です。

先ほどは「六」とTシャツに書いてありましたが、

今度は「四」と書き直されています!!

芸が細かいですね!!

そして伊東さんの濡れタオルを喰らって3カウント。

「最上四」選手、失格となり退場されました。

 

25人目「最上三」選手!!

最上さんが疲れ果てた様子で入場されました。

そして脇腹を抑えています…

伊東さんの濡れタオルはその脇腹のあたりに喰らっている様子で、

他の選手が悲鳴をあげて逃げるほどなので相当痛いのでしょう…

リングに上がると、またまた伊東さんの濡れタオルを喰らって3カウント。

「最上三」選手、またまた失格・退場です…

 

最上さんのカウントダウンは続きます。

26人目「最上二」選手の入場です!

と思ったらまた雰囲気が違いました。

今度は最上さんに扮した野村卓矢選手!!

きちんとひげを描き、胸には「もがみ」と書かれたワッペン、

さらに大きく「二」と書かれたTシャツと最上さんのコスチュームで登場しました!

表情まで最上さんに似せて鋭い眼差しで登場されたので、本当に細かいところまで再現されています!!

それでも残念なことにあっけなく3カウント…

それまで「二」さんは今までの最上さんより持ちこたえる場面もあったのですが…

 

さあ、いよいよ27人目「最上一」選手が入場されます!

最上さん、お名前カウントダウンでの戦い、大変お疲れ様でした!

と思っていましたら、やってきたのはこのカウントダウンでの集大成と言わんばかり、

最上九選手・“黒天使”沼澤邪鬼選手・野村卓矢選手のお三方。

しかも、邪鬼さまと野村さんが最上さんを支えながらの入場です!

リングに上がった最上さん、

伊東さんに濡れタオルを喰らって3カウント…と思ったら、

ここでひるがえし、フォールならずでした!!!

最上さん、まだ試合は終わっていませんが大変お疲れ様です!!

最後の1人に残りますように。

 

28人目の入場者は兵頭彰選手!

2018年4月デビューの若手選手です!!

兵頭さんも、伊東さんの濡れタオルを喰らってしまいます。

その頃、最上さんはコーナーにしがみついて伊東さんの濡れタオルを喰らうまいと頑張っていました!

ここで宇藤純久選手、失格となってしまいます。

 

最後の入場者である29人目は、フレディ大橋さん!

レフェリー兼選手のフランク篤選手がフレディさんに扮しての入場です!

しかも、マイクまできちんと持っていらっしゃいます!

ですが、すぐに失格となってしまいました…

 

その後は伊東竜二選手・中之上靖文選手・「最上一」選手が立て続きに失格になってしまい、

残った選手は兵頭さんとデスかもくん。

両者ともに白熱した戦いを見せてくださいましたが、最終的な勝者はデスかもくんでした!!

おめでとうございます!

そして、大変お疲れ様でした!!

2019.2.11 第2部 ビリケンミニライブ開催!

この日の第1部でも素敵な歌声を披露してくださったビリケンのお二人が、

第2部でも心にしみる歌声を聴かせてくださいました!

ビリケンとは

ビリケンは、ミヤノタカヒロ(ビリー)とオクダケン(ケン)によるヒップホップフォークソングの融合「ヒップフォークデュオ」。

(引用:Wikipediaービリケンより

 

この時に歌ってくださったのは、

 

あの素晴らしい愛をもう一度

金メダル

ビリケン音頭

 

の3曲でした!

「金メダル」のプロモーションビデオは、大日本プロレスとコラボしております!

選手もビリケンのお二人も、素敵な姿を見ることができますのでぜひ!

 

そしてビリケンのCDも大好評発売中です!!

2019.2.11 第2部メインイベント ポセイドンアドベンチャースプラッシュマッチ 時間無制限1本勝負 伊東竜二、岡林裕二、ツトムオースギ、バナナ千賀 vs バラモンシュウ、バラモンケイ、橋本大地、植木嵩行

お待たせいたしました!

大日本プロレス上野大連戦のメインイベント、ポセイドンアドベンチャースプラッシュマッチのお時間です!!

観客の中には濡れるのを覚悟で何も装備しないお方や、真冬の寒い時期なのであまり装備しなくても大丈夫だろうと思っていらっしゃるであろうお方など、

様々な方々がいらっしゃいました。

私はと言いますと、今回は水が飛ぶ綺麗な写真を撮りたいので後方の席に座らせていただき、上下セパレートタイプのレインコートを装備しました。

荷物は市販のゴミ袋に、水がかかっても中が濡れないように。

そしてカメラは防水できるビニールを装着。

さらにカメラのレンズなどが濡れてもすぐに拭けるようにタオルを用意。

これで準備万端です(ニヤリ

 

入場はバラモン兄弟・大地・植木組から。

ご兄弟は相変わらずペットボトルに入れた水をばらまいたり口からブシャー!!としながらやってきました。

伊東・岡林・SOS(Speed Of Sounds)組は、伊東さんが水とタオルが入ったバケツに「8時だヨ!全員集合」のTシャツにハッピ姿で入場。

岡林さんも元気そうなお姿を見せてくださいました!

 

そしていよいよ開戦です!!

 

ケイさんはみかんをラケットで打ちまくり、その後は伊東さんに濡れタオル攻撃を喰らっていました。

千賀さんはお客さんに柄杓で水をかけていました。

それでも物足りなかったのかそのお客さんのレインコートのフードをわざわざとってバケツごと水をかけていました((((;゚Д゚)))))))

これではいくら防備していても意味がありませんね…

 

そして千賀さんは他のお客さんの荷物を強奪!!

シュウさんに水をかけさせていました!

 

それからケイさんは墨汁ブシャーっと…

さすがに服に付いてしまったら落ちなさそうです…

 

さらに大地さんはホースで水をかける暴挙に。

延々と水が出るので一番タチが悪いかもしれないです…

それに、普通の冷たい水なので本当に冷たいです。

かかると風邪をひいてしまいそうです。

(風邪やインフルエンザには充分ご注意下さい!!)

 

すると突然、

「手を挙げろーーーーー!!!」

と植木さんが拳銃を選手たちに向けてきました!

「お前ら全員手を挙げろーーーーー!!!」

客席にも拳銃を向けます。

何が始まるのかと思えば、植木さんがインフルエンザで寝込んでいた時に考えたという「イリュージョン」。

大きな幕が用意され、カウントダウンで現れたのは…

 

トランザム☆リュウジさん!!

ブルーのベストとコスチューム、それにサングラスがカッコイイです!!

おもむろに缶ビールを取り出し、振ってから派手に開けるパフォーマンスがキマっています!!

再び幕が張られ、カウントダウンで現れたのは、

北斗の拳のケンシロウさん!!(星野さん)

ケンシロウさんはリュウジさんに北斗百裂拳を炸裂させますが、

この寒さで腹痛を起こしたらしく、お手洗いに行かれました…

 

ケンシロウさんはその後戻っていらっしゃいましたが、その手には汚物の入ったバケツが((((;゚Д゚)))))))

(もちろんニセモノです!!)

これは千賀さんが頭から被ってしまい、その姿で客席になだれ込んで行きました…

(お食事中の方、ごめんなさい)

 

突然音楽が鳴り出し、そこに現れたのは

ポセイドンさま!!!

この上野に、ポセイドンさまが帰っていらっしゃいました!!!

ティアラをつけ、頭にはスッポンがふたつ、

マントをまとったポセイドンさまの出現に観客の皆さまも大興奮でした!!

そしてポセイドンさまに戦いを挑むケンシロウさん。

ですがあっけなく倒されて、

37分45秒、ポセイドンスプラッシュからの片エビ固めでポセイドンさまの勝ちでした!

ポセイドンさま、おかえりなさいませ!!!

このポセイドンさまの活躍で、上野の海(?)は守られました!!

最後に

今回の大日本プロレス上野大会は真冬の開催ということもあり、選手・スタッフの皆さまや私たち観客も寒さに耐えながらの観戦となってしまいました。

ですが森廣祐基選手が、毎日美味しいちゃんこを作ってくださったおかげで温まることができました。

森廣さんのちゃんこはとても美味しかったです!

そして上野大会は後楽園ホールや新木場ファーストリングでの開催とは違い、

ゆったりと観戦することができます。

また、緊迫した試合に加えてコミカルな試合も多いので楽しい試合が好きなお方にはぜひオススメしたい大会です。

私は本当に上野大会が大好きなので次の上野での開催がすでに待ち遠しいです!

(ちなみに私は観戦できなかった部はありましたが、結局毎日通ってしまいました)

私の記事を読んで、大日本プロレス上野大会を観戦してみたいと思ってくださるお方がいらっしゃったら嬉しいです!

今日も最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください